もし自動車事故にあわれたら

負傷者の救護(人命が第一です)

負傷者の様子を見て、緊急の場合は、救急車(119番)を呼びましょう。
頭や首を強く打った恐れのある場合は、むやみに動かさないようにしましょう。
軽いけがと思われる場合でも、病院まで付き添いましょう。

路上の危険防止

他の自動車の進行の妨げなどにならないように、事故車両を安全な場所に移動しましょう。
ハザードランプ(非常点滅灯)をつけたり、停止表示板・発炎筒で後続車両に合図しましょう。
道路に散乱したものは、片付けましょう。

警察への連絡(軽い事故でも届出を)

あいまいなことを言わずに下記内容をもれなく具体的に説明しましょう。
 いつ・どこで? 事故の日時と場所
 どのように?  事故の状況
 誰が・何が?  死傷者・損傷物の有無
 どうなった?  ケガの程度や損傷の状態

相手への確認

加害事故・被害事故にかかわらず、免許証などで相手方の「住所」・「氏名」・「連絡先」などを確認しましょう。
お相手車両の「登録番号」も必ずメモしておいてください。
お相手が任意保険にご加入の場合は、「保険会社」・「証券番号」・「契約者名」・「連絡先」を確認しましょう。
まず、ご自分から名前、連絡先などを伝えましょう。ご自分のご契約の保険会社も伝えましょう。
ご自分の自動車には、契約保険証のカードを入れておくと間違いなく伝えることができます。

目撃者の事故状況の記録

目撃者がいる場合は、住所、氏名、連絡先をメモしましょう。
記憶が薄れないうちに現場の見取り図や事故の起こった経緯をメモ、写真を撮っておくことも役に立ちます。

その場での示談(相手との約束)は厳禁

人身事故、物損事故のどちらであっても事故現場での示談に関する約束はしないでください。
「保険会社と相談してからにさせてください。」といったようにお答えください。

医師の診断

事故時はたいしたことはないと思ってても、あとで意外と重症だったということもあるかもしれません。
できるだけ医師の診断を受けるようにしましょう。

保険会社への連絡

保険会社の事故受付センター(24時間受付)へ事故の日時、場所、状況を連絡しましょう。
事故受付センターは「保険証券」に表示されています。確認しておきましょう。

※「保険証券に添付しているカード」とメモ、筆記用具を用意しておきましょう。
「保険証券に添付しているカード」には、証券番号・補償内容・車両登録番号等が記載されています。
また、保険会社への事故時連絡先(24時間受付フリーダイヤル)の記載がありますので緊急時はご連絡ください。

SJNK15-80342(平成27年12月7日)